maririo’s blog

日々のことを呟いていきたいと思います。

タヒチアンノニの可能性

みなさん、こんにちは。

ノニって、何?  なぜ、タヒチなの?

そう思われる方も多いと思います。

それには、理由があるんですよ✨

↓↓↓↓↓

 

フレンチポリネシア産ノニ。

f:id:maririo:20170908065836j:image
多年性であるノニは、タヒチ、マルケサス、モーレアなどの島々で一年中実をつけます。何千年にわたり、ポリネシアの島々の住民の間で生きていくためになくてはならないものと考えられ、さまざまな使い方が伝えられてきました。


フレンチポリネシア産ノニは、サイズが大きいのみならず、他地域のものに比べてイリドイド量が多いのが特長です。火山がもたらすミネラル豊富で肥沃な大地、植物が青々と茂る森、熱帯の雨が、栄養価の高い高品質のノニを育んでいます。産地ごとに収穫されたノニの総イリドイド量を測定したところ、フレンチポリネシア、トンガ、タイ、日本、ハワイ、ドミニカの順に多いことが分かっています。


わたしたちは手つかずの自然が残る広大な土地で、栄養価が高い時期にノニ果実を収穫し、タヒチ工場に到着後すぐに加工しています。自然の資源とプロセスが育んだノニは原材料としてタヒチから出荷されていきます。

 

モリンダは創業前から伝統と科学を重んじながら、ノニに関する研究を続け、ノニのパワーの源が「イリドイド※」という稀有な成分であることを発見しました。

 

さらに、ノニ以外のイリドイド含有植物を世界中から探し、セイヨウサンシュユクランベリー、ブルーベリー、オリーブにたどり着きます。

f:id:maririo:20170909091308j:image

 

新たな製品開発が続けられ、モリンダの中核をなす「コア製品」として成長。健やかな暮らしに役立つ製品もご用意して、みなさまの健康と見た目の良さに貢献しています。

 

※イリドイドとは
主に有用植物に含まれる成分のグループの一つで、一般的な食用植物にはほとんど含まれていないため、手軽に摂取することはできません。植物は虫に食べられないよう自らを守るためにイリドイドを分泌し、食べられてしまった場合の修復にも役立てています。特徴として熱や光にも強く安定しており、体内に取り込まれて初めて活性化して活躍する成分です。

f:id:maririo:20170908070746j:image

 …以上、モリンダのサイトより転載。

 

いかがでしたか?

 

タヒチアンノニを使用したモリンダ製品のラインナップはこちらからご覧下さい。
https://morinda.com/3820528/jp/shop

 

私へのお問い合わせは、こちらに

http://form.os7.biz/f/53455589/

 

今日もお読みいただきました、ありがとうございました。

 

 🍀AGEアドバイザー 西村涼子

 

#ノニ  #モリンダ  #イリドイド